広島、帰ってきた男・野間が決勝打「少しは貢献できたかな」 3連勝で交流戦首位浮上

2023年06月09日 06:00

野球

広島、帰ってきた男・野間が決勝打「少しは貢献できたかな」 3連勝で交流戦首位浮上
<日・広>5回、適時打を放つ野間(撮影・高橋 茂夫) Photo By スポニチ
 【交流戦   広島7―2日本ハム ( 2023年6月8日    エスコンフィールド )】 広島・野間が、交流戦では18年以来5年ぶりとなる3連勝を呼び込んだ。1―1で迎えた5回2死満塁。「浮いてきた球を狙って準備していた」と外角チェンジアップを右前に運ぶと、敵失も絡み3者が生還した。5月中旬に右太腿裏の張りで離脱。今月6日に復帰してから初の適時打が決勝打となり、今季から先発に転向したコルニエルに登板7試合目での初白星を贈った。
 上沢を攻略しての快勝に、新井監督は「チャンスが少ないだろうという中で、2死からいい攻撃だった」と満足げ。殊勲の2番打者は「(1軍に)帰ってきて2試合何もできていなかったので、少しは貢献できたかな」と息をついた。チームは今季最多タイの貯金3。5勝13敗で最下位だった昨季の交流戦に早くも並ぶ5勝目を挙げ、首位タイに浮上した。

おすすめテーマ

2023年06月09日のニュース

特集

野球のランキング

【楽天】オススメアイテム