カブス鈴木誠也 7試合ぶりマルチ安打マーク!“同級生”大谷の前で快音、チームは4連敗

2023年06月09日 13:17

野球

カブス鈴木誠也 7試合ぶりマルチ安打マーク!“同級生”大谷の前で快音、チームは4連敗
<エンゼルス・カブス>4回1死、右中間二塁打を放つ鈴木(撮影・会津 智海) Photo By スポニチ
 【インターリーグ   カブス1―3エンゼルス ( 2023年6月8日    アナハイム )】 カブスの鈴木誠也外野手(28)が8日(日本時間9日)、敵地アナハイムでのエンゼルス戦に「4番・右翼」で先発出場。2012年のドラフトでプロ入りした同学年同士の“同級生”大谷翔平投手(28)の前で7試合ぶりのマルチ安打をマークするなど4打数2安打だった。チームは1―3で敗れて4連敗を喫した。一方、大谷は5試合連続安打するなど4打数1安打だった。
 鈴木は2回無死の第1打席は、エ軍の先発左腕デトマーズの前に二ゴロに倒れたが、4回1死の第2打席で外角直球を右中間にはじき返す二塁打を放った。6回1死一塁の第3打席はカーブを叩いて中前打して7試合ぶりのマルチ安打を記録。9回無死の第4打席は右腕エステべスと対戦して見逃し三振だった。

 6月に入った途端に調子を落とし、この日の試合前まで6試合で23打数1安打で打率・043と苦しんでいた。

 この日は4打数2安打で、通算成績は49試合で177打数47安打、打率・266、6本塁打、19打点、1盗塁となった。

おすすめテーマ

2023年06月09日のニュース

特集

野球のランキング

【楽天】オススメアイテム