DeNA・佐野 今季初「定位置」3番で2安打 連敗3でストップ 宮崎欠場も主将が奮闘

2023年06月09日 05:30

野球

DeNA・佐野 今季初「定位置」3番で2安打 連敗3でストップ 宮崎欠場も主将が奮闘
<ソ・D>初回、オースティンの適時打で生還した三走・佐野(右)を迎える三浦監督(撮影・岡田 丈靖) Photo By スポニチ
 【交流戦   DeNA6―5ソフトバンク ( 2023年6月8日    ペイペイD )】 DeNAは今季初めて「3番」に起用された佐野が緊急事態のチームを救い、連敗を3でストップ。3得点した初回に好機を演出する中前打を放つなど2安打を放った主将は「あれだけの成績の選手を1人でカバーできない。全員でカバーしないと」と胸を張った。
 打線の軸にトラブルが起きた。リーグトップ、打率・384の宮崎が練習中に「右背部、広背筋から右脇腹にかけての痛み」を発症。試合前に福岡市内の病院で検査も受け欠場した。三浦監督は「打線は流れを考えて」と開幕から全52試合で1番だった佐野の打順を変更。すると今3連戦の過去2試合で9打数1安打、打率・111だった主将が、昨季は161安打で最多安打のタイトルを受賞した「定位置」で輝きを取り戻し「打線がつながった」と振り返った。

 9安打6得点と宮崎の穴を全員でカバーし、交流戦首位タイに浮上。まだまだ首位・阪神と5・5ゲーム差あるが、独走は許さない。目の前の試合に集中し、一丸で白星を重ねる。(大木 穂高)

おすすめテーマ

2023年06月09日のニュース

特集

野球のランキング

【楽天】オススメアイテム