DeNAが牧の“珍逆転3ランニング打”で連勝!無敗の20歳討ち 中5日バウアー気迫の7回2失点3勝目

2023年06月09日 21:07

野球

DeNAが牧の“珍逆転3ランニング打”で連勝!無敗の20歳討ち 中5日バウアー気迫の7回2失点3勝目
<オ・D>6回2死一、二塁、左前に適時打を放ったあとに相手エラーの間に生還した牧はナインに迎えられる(撮影・奥 調)  Photo By スポニチ
 【交流戦   DeNA4―2オリックス ( 2023年6月9日    京セラD )】 DeNAが珍しい“逆転劇”で連勝を決めた。牧秀悟内野手(25)が1点を追う6回に同点の左前適時打。その後、相手三塁手・広岡の悪送球の間に二走・関根に続き激走生還。珍しい逆転の“3ラン”となった。投げてはバウアーが7回108球5安打9奪三振2失点(自責1)と力投を見せ今季3勝目を挙げた。
 デビューから無傷の6連勝を狙う無敵の20歳右腕・山下を思わぬ形で捉えた。1―2の6回。先頭の林が四球で出塁し、大田が空振り三振後に関根も粘って四球を選んだ。1死一、二塁のチャンスで佐野は左飛。しかし、4番・牧が初球を左翼前にはじき返し二走・林が俊足を生かし一気に同点のホームイン。ここでオリックスの守備が乱れた。左翼からの中継で捕球した三塁手・広岡が二塁を少し飛び出していた関根を刺そうと二塁に送球。しかし、これが悪送球となり、ボールは右中間を転々と転がりフェンスにまで到達。その間に関根だけでなく、打者走者の牧も激走生還。イッキに3点を奪い同点打が“逆転3点打”(打点1)となった。

 先発のバウアーは、牧、オースティンの連続二塁打で先制した2回に先頭の頓宮を空振り三振に仕留めた後、中川に右前打を許す。続くゴンザレスとのメジャー対決は、中川に盗塁を許すも、フルカウントからの8球目に渾身のスライダーで空振り三振。2死二塁で迎えた紅林への初球だった。内角へのややシュート回転の155キロ直球に伊藤光がまったく反応できず。ミットをかすったボールはファウルゾーンを転々。その間に二走・中川に好走塁を許し同点に追いつかれた。

 同点の4回には両リーグ最多を更新する今季10本目の本塁打を頓宮に打たれ勝ち越しを許した。それでも最速159キロを計測するなど気迫の投球で耐え続けたバウアーは7回108球を投げ抜き、5安打9奪三振2失点(自責1)。6回に相手のミスもあり逆転したリードを守り抜いた。

 8回は伊勢、9回は守護神・山崎が得点を許さず、交流戦4カード目となるオリックスとの初戦を制した。連勝で交流戦首位タイを守り、バウアーは2勝目を挙げた3日の西武戦(横浜)から中5日の登板で来日初の連勝。今季3勝目(2敗)を挙げた。

 ▼牧(6回に同点適時打)打ったのはカーブです。好投手だったので甘いボールを積極的にいったことが良い結果につながったと思います。ランナーを還すことができうれしいです!

おすすめテーマ

2023年06月09日のニュース

特集

野球のランキング

【楽天】オススメアイテム