大谷翔平去就めぐる“報道狂想曲” 米記者「不正確な情報」「お詫び」と謝罪「トロントに飛んだ」は誤情報

2023年12月09日 13:20

野球

大谷翔平去就めぐる“報道狂想曲” 米記者「不正確な情報」「お詫び」と謝罪「トロントに飛んだ」は誤情報
大谷翔平 Photo By スポニチ
 エンゼルスからFAとなった大谷翔平投手(29)の去就をめぐり、大リーグ専門局「MLBネットワーク」のジョン・モロシ記者が9日、自身のX(旧ツイッター)で謝罪した。
 日本時間8日午後10時39分、モロシ記者がXで「Shohei Ohtani’s decision is imminent(大谷翔平の決断は目前に迫っている)」と報じ、さらに「早ければ今日だ」と続けた。これが合図となり、各記者による報道合戦が始まった。

 その後、再びXで「大谷はトロントに向かっている。ただ大谷の代理人事務所CAAはそれについてはコメントしておらず、大谷は契約にもまだサインはしていない」とした。

 だが、トロントへのフライトは「誤情報」と判明。様々な情報が乱れ飛び、混乱の一日となった。

 モロシ記者は「本日、大谷翔平選手がトロントへフライト中であるという不正確な情報を含む報道を投稿しました。この間違いを遺憾に思い、各地の野球ファンにお詫び申し上げます。誠に申し訳ございませんでした」と情報錯綜の引き金になったとして、謝罪の言葉をつづった。

おすすめテーマ

2023年12月09日のニュース

特集

野球のランキング

【楽天】オススメアイテム
`; idoc.open(); idoc.write(innerHTML); idoc.close(); });