オリックス宮崎キャンプ打ち上げ 中嶋監督は由伸、山崎福の穴を「埋めるのじゃなくて、積み上げる形に」

2024年02月29日 13:00

野球

オリックス宮崎キャンプ打ち上げ 中嶋監督は由伸、山崎福の穴を「埋めるのじゃなくて、積み上げる形に」
キャンプを総括する中嶋監督(撮影・井垣 忠夫) Photo By スポニチ
 オリックスは29日、宮崎・清武総合運動公園で行っていた春季キャンプを打ち上げた。
 最終日に予定されていた球春みやざきベースボールゲームズ・西武戦は、雨天中止に。同戦に登板予定だった宮城や鈴木は室内でのライブBPに登板するなどして調整した。

 中嶋監督はキャンプ全体を振り返り「あまり天気が良くなくて。かなり厳しかったんですけど、球場のスタッフの方に助けてもらって、ある程度のメニューをこなせた」と、10周年を迎えた宮崎キャンプでの現地スタッフに感謝。雨が続いたことで「投手陣の調整がちょっと遅れているのかなとは思います」としたが、「しっかり合わせてくれると思いますし、これからの競争次第では色んな想定がある。皆さんご存じのようにいなくなった選手もいますし、それを埋めるというのじゃなくて、新しく積み上げるという形にしたい」と山本由伸、山崎福也が抜けた穴を埋める若手投手陣のさらなるアピールを望んだ。

 以下は中嶋監督のテレビインタビュー一問一答。

 ――キャンプ最終日を迎えた
 「そうですね、あまり天気がこう、良くなくですね。かなり厳しかったんですけど、それでも球場のバイトの方やスタッフの方に、助けてもらって。ある程度のメニューをこなせたかなと思います」

 ――良かった点は
 「これからだと思います。ある程度、練習はできたと思いますし。メニューもこなせたと思うんですけど、これから先ですけど、オープン戦があり、開幕して、という時に結果が出ると思います」

 ――1日に3万人近くのファンが来た日も
 「本当にたくさんの人に来ていただきまして。選手もその目をすごく楽しみながら、厳しさも見ながらやってたと思いますので。ほんとにありがたいと思います」

 ――ファンの存在は
 「いや、もう大きいと思います。下手なプレーはできないという自覚もあると思いますし、いいプレーをしたいということも思いますし。そのために大きな声援だったと思います」

 ――チーム状態は
 「どうですかね。楽しみではあるんですけど。これが結果につなげていかなきゃいけないと思いますので。ほんとにこれからもう一回、大事に行きたいと思います」

 ――オープン戦に向けての課題は
 「投手陣の調整の方が少し、ちょっと遅れてるのかなという風には思いますけども。しっかり会わせてくれてると思いますし、これからの競争次第では、いろんな想定があると思います」

 ――アピールした選手は
 「いやもう、結果としてのアピールは求めてなかったですし、各それぞれがレベルアップしてくれると思っていたので。その点では、うまくいったと思います」

 ――若手や育成選手については
 「同じだと思います。自分たちの立場をよく分かっていると思いますし、これからですね。結果出さないといけないと思いますので」

 ――新加入選手もいる中で投手陣への期待
 「まあ、みなさんご存じのようにいなくなった選手もいますし、それを埋めるというのじゃなくて、新しく積み上げるという形にしたいです」

 ――山本由伸がオープン戦で好投
 「頑張って欲しいですし、本当に応援してますけど」

 ――開幕ローテの構成はできてきているのか
 「まあ、試行錯誤というかいろんなことを考えてますけど、それがすっきりハマるかどうかはまだ分からないです」

 ――開幕投手は
 「準備できた人から行くと思います。(まだ決めてない?)そうですね」

 ――監督4年目
 「苦しいシーズンになると思いますし、ある程度各チームだんご状態で行くと思いますので、離されることなくしがみついていきたいと思います」

 ――4連覇への意識
 「それは始まった時から意識してますし、そこにチャレンジしていけるチームだと思っています」

 ――ファンへ
 「楽しみなシーズンにしたいと思いますし、僕自身も楽しみなシーズンだと思ってますんで、元気な選手たちをたくさん応援して欲しいと思います」

おすすめテーマ

2024年02月29日のニュース

特集

野球のランキング

【楽天】オススメアイテム