谷口将隆が日本ミニマム級王座を返上 19年8月以来2度目の世界挑戦へ

2021年10月18日 18:17

格闘技

谷口将隆が日本ミニマム級王座を返上 19年8月以来2度目の世界挑戦へ
日本ミニマム級王者の谷口将隆 Photo By スポニチ
 日本ボクシングコミッション(JBC)は18日、日本ミニマム級王者・谷口将隆(27=ワタナベ)が同日付で王座を返上したと発表した。WBO世界同級1位にランクされている谷口には、WBOから王者ウィルフレド・メンデス(24=プエルトリコ)と対戦指令が出されていた。

 JBCによると、今月20日に開催権の入札が行われる予定で、世界戦が実現した場合、日本王者として来年のチャンピオンカーニバル出場が難しいために王座を返上するとしている。

 メンデスは19年8月に王座を獲得し、2度防衛中で、戦績は16勝(6KO)1敗。谷口は18年11月にWBOアジアパシフィック王座を獲得し、19年2月に世界初挑戦もビック・サルダール(フィリピン)に敗れた。戦績は14勝(9KO)3敗。メンデスとの対戦が実現すれば、2度目の世界挑戦となる。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年10月18日のニュース

格闘技のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム