秋野暢子 昭和の大スターとのドラマ共演での驚きの反響「ファンレターとかカミソリ入ってたり」中国でも…

2024年05月13日 13:10

芸能

秋野暢子 昭和の大スターとのドラマ共演での驚きの反響「ファンレターとかカミソリ入ってたり」中国でも…
秋野暢子 Photo By スポニチ
 女優の秋野暢子(67)が13日、フジテレビ「ぽかぽか」(月~金曜前11・50)にゲストとして生出演。かつて昭和の大スターとドラマで共演した際の反響について語った。
 ゲストに対する勝手なイメージについて語る「ぽいぽいトーク」のコーナーに登場。「今だから笑える昭和ドラマの裏話あるっぽい」とのイメージに、「〇」の札を掲げてみせた。

 秋野はドラマ「赤い運命」でかつての人気歌手・山口百恵さんと共演した。「百恵ちゃんはね、私が凄いいじめる役だったんですよ」と言い、「当時は役者と役柄が混然一体としてて。今みたいに旅ものとかさ、ご本人登場番組とかあんまりなかったから、女優は女優業、歌手は歌手、芸人さんは芸人さんっていう垣根があったんで、だから百恵ちゃんをいじめている役だったんだけど、めちゃくちゃ嫌な女だと思われてて」と振り返った。

 「だってファンレターとかカミソリ入ってたり、役なのに。あと子供に石投げられた。“百恵ちゃんをいじめるな!”って言って」と驚きの発言。「あと、市場に母が買い物に行っても売ってもらえなかった。“あんな子供を育てて”って言われて」とも回顧した。

 「めちゃくちゃ皆さんあたしのこと意地悪だと思って」と語ると、「1年ぐらいしてからね、中国で赤いシリーズ放送されることになったらしくて、凄い人気だったんですって」と秋野。当時中国に行く予定があったと言うが、「そしたら中国大使館から“来ない方がいい”って言われて。“今来たら、あなたろくなことにはならない”って」と驚きの事実を明かした。

 当時はSNSがなかったため、本当の性格などが分からないと言われると、「もしSNSがあってもあたし袋叩きだったと思うよ」と冷静に話した。

この記事のフォト

おすすめテーマ

2024年05月13日のニュース

特集

芸能のランキング

【楽天】オススメアイテム