【皐月賞】ミスターX 実力上位の伏兵ニシノデイジー本命

2019年04月14日 05:30

競馬

 中山11R・皐月賞はニシノデイジーを本命に指名する。近2走は敗因がはっきり。ホープフルSは直線で進路が狭くなり3着。弥生賞は重馬場で内を突き、外を通った3頭にゴール前でかわされた。3戦無敗のサートゥルナーリア、ダノンキングリーの「無敗対決」に注目は集まっているが、酸いも甘いも噛み分ける経験豊富な伏兵に期待する。
 初戦からコンビを組む勝浦は調教にも精力的に騎乗。まさに人馬一体の境地だ。本人も「結果を出して喜びを分かち合いたい」と燃えている。スムーズな競馬ができれば、重賞2勝の実績が示す通り、実力は上位。あっと驚く激走があっても不思議ではない。馬単(8)から(1)(4)(9)(12)。

 阪神11RのアンタレスSはウェスタールンドが差し切る。前走のチャンピオンズCでは最後方から4角で内を突いて2着に浮上。上がり最速34秒4の末脚は圧巻で、ダート王者ルヴァンスレーヴに0秒4差まで迫った。

 蹄が弱いことを考慮し、冬場は休養にあてた。4カ月半ぶりの実戦となるが、調教では軽快な動きを披露しており、心配は無用。昨年6月のダート転向後は5戦2勝、2着2回と安定した成績。実力上位であるにもかかわらず、56キロで出走できる点もプラスだ。重賞初勝利をこの舞台で決める。馬単(10)から(1)(3)(4)(8)。
続きを表示

おすすめテーマ

2019年04月14日のニュース

ギャンブルのランキング

特集

【楽天】オススメアイテム