【皐月賞】(13)ブレイキングドーン “吉兆”枠で一発

2019年04月14日 05:30

競馬

 ブレイキングドーンはホープフルS(5着)、弥生賞(3着)に続いての中山遠征。「テンションが高めの馬だが、さすがに3回目で慣れたみたい。落ち着いているのは好材料」と白鳥助手は安どの笑み。祖父ネオユニヴァース(03年)、父ヴィクトワールピサ(10年)に続く父系3代制覇が懸かる一戦。「父が勝った時と同じ枠(13番)に入った。相手は強いけど何とか頑張ってほしい」と祈るように話した。
続きを表示

おすすめテーマ

2019年04月14日のニュース

ギャンブルのランキング

特集

【楽天】オススメアイテム