今週の丸山元気!今週の丸山元気!

ジャパンガール 理想は乾いて少し時計のかかるダート

2022年09月23日 15:10

ギャンブル

◎丸山元気騎手のコメント
今週は土日合わせて9鞍に騎乗します。

ペニードロップス(土曜5R)は悪くはない馬ですが、一息で走ってしまう面がありますね。まずは実戦を経験して走り方を覚えてくれれば…

ジャパンガール(日曜4R)も調教時計は目立ちませんが、悪くはないですよ。ただ、雨で時計が速くなるとどうかですね。理想は乾いて少し時計のかかるダートです。

セイウンハルカニ(日曜6R)は芝の前走は参考外。ダート1200メートルはいい条件ですね。休み明けの方が走るタイプですし、そこにも期待したいですね。

キタノリューオー(日曜10R)は調教にも乗っていますが、具合はいいですよ。ただ、後ろから行く馬なので、雨でグチャグチャの馬場になるとどうか。展開と馬場次第ですね。


今週も応援をよろしくお願いします。

◎山崎の見解
土曜日
5Rペニードロップス ☆
 乗り込みは十分だが、まだ気性が幼く終いの伸びも一息。経験を重ねて良くなってからのタイプか。一追い毎に動きが良くなってきたホウオウプレシャス、好馬体のザングウィル、芝向きのフットワークをしているニシノベストワンが上位候補か。


日曜日
1Rミルキーシャワー ☆
 ここまで2戦して11着と9着。距離延長で少しでも前進があればいいが…。ハイレベルの前走で3着だったピッチパーフェクト、血統からダート替りはプラスのミラクルキャッツ、前走見せ場十分の2着だったナックダンスが上位候補か。

3Rフェスティヴチャン ☆☆
 前走は中団から渋太く脚を使い3着。血統から雨で時計のかかる馬場はむしろプラスで、展開ひとつで再度上位食い込みも可能。堅実なエンライトメント、前走の末脚が目立っていたアイワナアイドル、渋太さがあるシンキングサベージが上位候補か。

4Rジャパンガール ☆☆
 時計は平凡だが、入念に乗り込まれて太目感のない仕上がり。一追い毎に終いの反応も良くなり初戦から差のない競馬ができそう。好馬体で動きも良くなってきたディアナゼロス、古馬相手に先着するなど動き目立つメイデンタワー、ダート調教の動きが良いアスクトゥマッチが上位候補か。

6Rセイウンハルカニ ☆☆
 前走は16着に敗れたが、実績の乏しい芝で参考外。中山ダート1200メートルは未勝利勝ちの舞台。脚抜きのいいダートも得意で、変わる可能性は十分。前走は出遅れが応えたバウオレ、末脚堅実なアポロプラネット、前走で復調を示したポルタドマールが上位候補か。

8Rフェスティヴボス ☆
 近3走が二桁着順で成績が上がってこない。ダート2戦目で少しでも前進があればいいが…。ダートでは崩れがないスズノテレサ、前走復調示す末脚を使ったキュン、好仕上がりのスピードソルジャーが上位候補か。

9Rハローユニコーン ☆☆
 近3走は1800メートルで末脚不発に終わっているが、マイルに変われば脚を使える。やや低調なメンバー構成でもあり、展開ひとつで食い込みがあっても。前走は出遅れが応えたロールアップ、好仕上がりのジャッカル、中山マイルに良績があるイルヴェントデーアが上位候補か。

10Rキタノリューオー ☆☆
 終い勝負型で展開の助けは必要だが、今回と同じ舞台で過去に現級3着あり。末脚の生きる流れになれば上位食い込みがあっても。脚抜きのいいダートは得意なロードインファイト、長く脚を使えるテイエムベンチャー、堅実なオンザラインが上位候補か。


12Rアコルドエール ☆
 現級での成績は一息。約8ヶ月の休み明けで追い切りの動きも物足りない印象で、次に繋がる競馬ができれば…。前走楽勝だったビーオンザマーチ、距離短縮は好材料のディアノイア、昇級でもスピードはヒケを取らないヤマトコウセイが上位候補か。

<山崎啓介>
1982年生まれの北海道出身。2007年に専門紙「一馬(現・優馬)」に入社。美浦の想定班で、若手の調教師、騎手との繋がりが深い。現在も「優馬」のホープとなるべく、日々勉強中。

コラムランキング

バックナンバー

【楽天】オススメアイテム