今週の丸山元気!今週の丸山元気!

トラベログ 調教の動きは良かった

2022年11月04日 14:25

ギャンブル

◎丸山元気騎手のコメント
今週は土日合わせて15鞍に騎乗します。

ネイチャーシップ(土曜8R)はハマり待ちですね。最後は脚を使ってくれるので、いつも通りの競馬をしてどこまでやれるかです。

エコルフリューゲル(土曜9R)は調教で乗りました。動き自体は悪くなかったのですが、少しうるさい面があるので、その辺が当日どうかですね。ただ、成績的には上なので、楽しみにしている馬です。

ニシノリース(土曜12R)は状態は悪くはないので、あとは展開が向くかどうかです。少し時計はかかった方がいいかもしれません。

ラジエル(日曜3R)は決して悪いわけではありませんが、正直前回の方が状態は良さそうでした。駐立もあまり良くない馬でゲートに課題もありますが、福島は強い勝ち方をしたコースですし、うまくスタートを決めたいですね。

トラベログ(日曜5R)は調教で乗りましたが、動きは良かったです。あとは追ってからがどうか。しっかり脚を使ってくれれば初戦から期待できそうです。

ネレイド(日曜11R)はダートは良いと思います。あとは昇級になるので、相手関係が鍵になります。

今週も応援をよろしくお願いします。

◎山崎の見解
土曜日
7Rニシノコニャック ☆☆
 前走はスタート後に不利があり6着。一息入ったが調教の動きは良く、発馬を決めて好位で運べれば上位食い込みも。積極的な競馬で前走2着と一変したケイティソルジャー、安定しているトランペットシェル、好仕上がりのスーパーラッキーが上位候補か。

8Rネイチャーシップ ☆☆☆
 展開に左右される面はあるが、毎回末脚は堅実。今春、今回と同じ福島2600メートルで3着の実績があり、流れひとつで上位食い込み可能。未勝利馬だが1勝クラスでも通用する力があるロックバウンド、先行力があるミステリーウェイ、福島は相性が良いアマネセールが強敵か。

9Rエコルフリューゲル ☆☆☆☆
 前走は新潟外回りの瞬発力勝負に対応して2着と地力強化が顕著。本来は小回りで少し上がりがかかるコース向きで、未勝利勝ちした福島2000メートルなら勝ち負け必至。器用さがあるセルケト、好時計で未勝利を勝ち上がったアレグロモデラート、長くいい脚を使えるスタティスティクスが強敵か。

10Rポルタフォルトゥナ ☆
 中央再転入後は大敗続きで成績が上がってこない。連闘と芝替りで少しでも前進があればいいが…。開幕週向きの先行力があるヨシノイースター、堅実なスクリーンショット、チークP着用後は安定しているフィルムスコアが上位候補か。

11Rサヴァビアン ☆☆
 3走前に丸山騎手が騎乗して現級3着あり。マイペースで運べれば渋太く、展開ひとつで上位食い込みがあっても。立て直して好仕上がりのレッドラパルマ、安定しているミッキーヌチバナ、前走は躓く不利があったラヴィータエベラが上位候補か。

12Rニシノリース ☆☆
 前走は道悪に加えて出遅れも応え12着。過去に現級で好走歴があるように力は持っており、良馬場で発馬五分なら上位食い込みがあっても。気難しい面が解消してきたメルヴィル、短距離にシフト後は安定しているアドマイヤラヴィ、小回り1200メートルはベストのナリタローゼが上位候補か。


日曜日
1Rミスターキング ☆☆
 芝だった前走は、先行力を見せたが最後は切れ負けして10着。ドレフォン産駒ならダート替わりは歓迎で、一変する可能性も。ダートでもう一押しを狙うコスモバラタ、叩いて動きが良くなったカゼノハクシュウ、古馬相手に先着するなど中間の動きが良いスタンプブックが上位候補か。

2Rスターオブデイズ ☆
 新馬戦では後方からそれほど目立つ脚は使わず8着。坂の緩い福島でどこまで前進できるか…。好仕上がりのイースターエッグ、2戦連続で2着のトロピカルヒーロー、距離短縮と減量騎手起用で変り身を期待できるミルトクレイモーが上位候補か。

3Rラジエル ☆☆☆☆
 福島ダート1700メートルは2走前に未勝利戦を楽勝した舞台。前走は出遅れが応えて5着だったが、実績あるコースで発馬が決まれば巻き返し可能。自在性があるアレマーナ、好仕上がりのヴィブラフォン、堅実なベルカノアが強敵か。

5Rトラベログ ☆☆☆
 追い切り本数は少ないが、坂路で軽快な動きを見せ時計も上々。初戦から上位争い可能。前向きで新馬向きの気性のウィズアウト、馬体の良さが目立つフォーバーズ、いいスピードを持っているシンデレラスマイルが強敵か。

6Rセクシーコマンドー ☆
 先行力はあるが終いの甘さがネック。環境の変化に敏感なタイプで、落ち着きも鍵になる。好仕上がりのエリダヌス、小回り替わりは好材料のサンライズサラー、堅実なマイレーヌが上位候補か。

7Rカイタロー ☆☆
 近2走は1400メートルを使ったが、距離が長かった印象。先行力はあり、福島ダート1150メートルなら上位食い込みも。前走は内枠で包まれ伸びを欠いたルプランドル、立て直して好仕上がりのナツイロノオトメ、前走の末脚が目立っていたカップッチョが上位候補か。

9Rマイネルパリオート ☆
 前走は地方交流で3着と健闘したが、中央1勝クラスではメドが立っていない現状。恵まれないと上位までは…。先行して渋太い脚を使えるウインシュクラン、坂の緩い福島でもう一押しを狙うポケットシンデレラ、福島は好走歴があるバガンが上位候補か。

10Rサンセットクラウド ☆☆☆☆
 ご存じ三冠馬コントレイルの全弟。長距離では安定した成績で、前走も渋太さを見せての勝利。昇級でも即通用可能。自己条件なら力上位のロンギングエーオ、長くいい脚を使うスカイテラス、福島は相性が良いナムアミダブツが強敵か。

11Rネレイド ☆☆
 今回が初ダートになるが、母はダートで3勝しており血統的にはこなせる下地は十分。昇級で同型も多いが、先行力はここでも通用しそう。前走は脚を余したワルツフォーラン、自在性が出てきたショウゲッコウ、現級では力量上位のジゲンが上位候補か。

<山崎啓介>
1982年生まれの北海道出身。2007年に専門紙「一馬(現・優馬)」に入社。美浦の想定班で、若手の調教師、騎手との繋がりが深い。現在も「優馬」のホープとなるべく、日々勉強中。

コラムランキング

バックナンバー

【楽天】オススメアイテム