江田五月さん死去 80歳 社民連代表、参院議長、民主党政権の法相

2021年07月29日 05:30

社会

 参院議長や民主党政権の法相を歴任した江田五月(えだ・さつき)氏が28日午前8時36分、肺炎のため岡山市内の病院で死去した。80歳。岡山市出身。1993年と2009年の2度の政権交代に参加した。

 旧社会党書記長だった故江田三郎氏の長男。東大在学中、司法試験に合格し、1966年の卒業後に裁判官として東京、千葉、横浜各地裁で勤務した。77年、社会党を離党した三郎氏の死去に伴い参院選全国区に立候補し、初当選した。

 83年から衆院議員を4期務め、85年から94年まで社会民主連合(社民連)代表。93年の非自民8党派による細川連立政権樹立に加わり、科学技術庁長官として入閣した。日本新党、新進党を経て96年の岡山県知事選に立候補したが落選。98年に民主党参院議員として国政に復帰した。民主党が参院第1党に躍進した07年参院選を受け、同党初の参院議長に就き、約3年間務めた。11年1月には菅直人内閣の法相に就任した。参院議長経験者が入閣したのは初めてだった。

 人権問題をライフワークとした。憲法を巡っても民主党内の議論をリードした。16年に政界を引退。同年に桐花大綬章を受章した。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年07月29日のニュース

社会のランキング

【楽天】オススメアイテム