小室眞子さんはティアラ2900万円、佳子さまは2800万円 宮廷費を支出

2021年12月06日 05:30

社会

 【愛子さま成年行事 】 女性皇族のティアラは明治政府が欧化政策を進める中、1886年に初代首相伊藤博文が宮中女性の洋装化を進めたのが始まりだ。

 ちなみに秋篠宮ご夫妻の長女小室眞子さんのティアラは、2011年に東京・銀座の「和光」で約2900万円で制作し、14年の次女佳子さまの時は「ミキモト」で約2800万円で作った。

 佳子さまらのティアラの制作費は皇室活動に伴う公的経費「宮廷費」から支出されたため、国有財産として、結婚後は国に返却される。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年12月06日のニュース

社会のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム