松山 初Vへ「マネジメントと忍耐力」8日開幕、10度目マスターズへ好感触

2021年04月08日 05:30

ゴルフ

松山 初Vへ「マネジメントと忍耐力」8日開幕、10度目マスターズへ好感触
練習ラウンドの16番で水切りショットを放つ松山英樹 Photo By 共同
 男子ゴルフのメジャー、マスターズは8日(日本時間同日夜)にジョージア州のオーガスタ・ナショナルGCで開幕する。日本勢でただ一人出場する松山英樹(29=LEXUS)は6日に9ホールを回って調整し「マネジメントと忍耐力」をコース攻略の鍵に挙げた。予選ラウンドはハリス・イングリッシュ(31=米国)らと同組で、第1ラウンドは8日午前9時48分(日本時間同日午後10時48分)にスタートする。
 松山が10度目のマスターズに臨む。開幕2日前の6日はインの9ホールをラウンド。さまざまなピン位置を想定してグリーン周りを入念にチェックした。

 30位に終わった先週のテキサス・オープン最終日はティーショットの精度を欠いたが、この日は次々とフェアウエーを捉えた。
 インタビューでは「とてもいい状態にはなってきていると思うので、今週は楽しみ」と好感触を口にした。今年からコーチに迎えた目沢秀憲氏(30)も現地入りし、サポート態勢を整えて初日のティーオフを迎える。

 コロナ禍で昨年11月に開催された前回大会は13位。4月開催に戻り、昨秋は軟らかめだったグリーンは硬さ、速さを増す。「全然コースコンディションが違う。グリーンがタフなので、マネジメントと忍耐力が凄く大事になる」と攻略ポイントを挙げた。

 「日本は朝だったので早く起きてずっと(テレビで)見ていた」という子供の頃からの憧れの舞台。初出場の11年は27位に入ってベストアマチュアに輝いた。プロ転向後も15、16年に2年連続トップ10入り。過去9回でトップ20入り5回、予選落ちは1度だけと聖地との相性は抜群。「いいことも悪いこともこのコースではいっぱい経験してきた。今年はいいプレーができるように頑張りたい」と意気込みを口にした。

 2年ぶりにパトロン(観客)が入る。この日、16番パー3では「水切りショット」を披露し喝采を浴びた。松山は「パトロンがいるといない(の違い)というのは感じている。楽しみな1週間になる」とうなずいた。

この記事のフォト

続きを表示

おすすめテーマ

2021年04月08日のニュース

スポーツのランキング

特集

【楽天】オススメアイテム