鈴木聡美は7位で、3大会連続の五輪ならず 「久々に決勝…この達成感は大事にしたい」

2021年04月08日 18:48

競泳

鈴木聡美は7位で、3大会連続の五輪ならず 「久々に決勝…この達成感は大事にしたい」
鈴木聡美 Photo By 代表撮影
 【競泳 東京五輪代表選考会兼日本選手権第6日 ( 2021年4月8日    東京アクアティクスセンター )】 東京五輪代表選考会を兼ねて行われ、女子200メートル平泳ぎはロンドン五輪銀メダリストの鈴木聡美(30=ミキハウス)が2分27秒22の7位に終わり、3大会連続の五輪代表入りを逃した。
 前半の100メートルは2位で折り返したものの、徐々に失速した。「この1年間でたくさん悩んだし、本来自分がやらなきゃいけないことを見失っていた。正直、今のような泳ぎができたのも3月から、やっと気持ちを切り替えて水泳に打ち込めた。自分の心の弱さが招いた結果。ただ、久々に決勝に残れた。この達成感は大事にしたい」と淡々と振り返った。

 100メートル平泳ぎも3位で代表入りを逃しており、東京五輪への挑戦は終わった。鈴木は「代表には入れなかったけど、最後の50メートルまで全力を出して日本選手権を終えたい。凄く前向きな気持ちでいます」と話した。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年04月08日のニュース

スポーツのランキング

特集

【楽天】オススメアイテム