Honda塚本が先制弾 昨季のホームランクイーンがお目覚めの一発「思い切り振ることだけ」

2021年04月19日 05:30

ソフトボール

Honda塚本が先制弾 昨季のホームランクイーンがお目覚めの一発「思い切り振ることだけ」
<シオノギ製薬・Honda>初回、先制本塁打を放ち、ホームインするHonda・塚本(日本ソフトボール協会提供) Photo By 提供写真
 【日本女子ソフトボール1部リーグ   Honda6ー3シオノギ製薬 ( 2021年4月18日    刈谷球場 )】 第3節の6試合が行われ、Hondaは6―3でシオノギ製薬に勝利した。昨季本塁打王の塚本蛍外野手(21)が今季1号の先制ソロ。先発アリー・カーダ投手(28)も7回2死まで味方失策による1失点を喫しながらノーヒットの好投で、結局3失点完投した。
 打った瞬間、柵越えを確信したという。昨季の本塁打王は2死走者なしで迎えた第1打席、「先制点を取りたかった。思いきり振ることだけ考えた」というから恐れ入る。塚本が今季初本塁打をレフトへ運び、思惑通りベースを一周して還ってきた。

 昨季4本塁打で、3者が並ぶ本塁打王。そして待望の今季1号が5試合目で出た。「結果的にホームラン王を獲れればいい」。2年連続へ、無欲の挑戦を決め込む一方、「カーダが抑えてくれた分、打って勝ちたい気持ちが強かった」。カーダは毎回四死球ながら7回2死、相手4番・戸村に右前打を喫するまで無安打投球を続けた。

 晴れ時々雨、気温9度で風速5メートル。風が強く肌寒い天候は決して投げやすい環境ではなく、大西監督も「調子自体は悪くなかったが、寒かったそう」と理解を示すが、毎回先頭打者へ出した四死球は「先頭打者へのフォアボールは課題」と手厳しかった。6回の2本塁打を含め、攻守がかみ合っての勝利に「全員で戦っていく、それがうちのスタイル」と大西監督。昨季2位チームが3勝2敗と白星を先行させた。

この記事のフォト

続きを表示

おすすめテーマ

2021年04月19日のニュース

スポーツのランキング

特集

【楽天】オススメアイテム