五輪代表・前田穂南 五輪コースで5位「曲がり角の走り方が重要」札幌マラソンフェス女子ハーフ

2021年05月05日 11:51

マラソン

五輪代表・前田穂南 五輪コースで5位「曲がり角の走り方が重要」札幌マラソンフェス女子ハーフ
<札幌マラソンフェスティバル・ハーフマラソン>男女一斉スタートする選手たち(撮影・西海健太郎) Photo By スポニチ
 【東京五輪のマラソンテスト大会・北海道・札幌マラソンフェスティバル女子ハーフマラソン ( 2021年5月5日    大通公園西4丁目スタート、東京五輪中間点ゴール、21・0975キロ )】 東京五輪のマラソンテスト大会「北海道・札幌マラソンフェスティバル」が5日、北海道・札幌市で行われた。五輪マラソンコースの一部を使用したハーフマラソン(21・0975キロ=大通公園西4丁目スタート、東京五輪中間点ゴール)の女子では、東京五輪マラソン代表の一山麻緒(23=ワコール)が自己記録を更新する1時間08分28秒で優勝した。五輪補欠の松田瑞生(25=ダイハツ)が1時間8分32秒で2位、五輪代表の鈴木亜由子(29=日本郵政グループ)は1時間8分53秒で3位で、五輪代表の前田穂南(24=天満屋)は1時間10分50秒で5位だった。
 前田はレース後「思ったより曲がり角が多くて、位置取りとかのポイントをつかみながら走りました。曲がり角の走り方が重要になってくると思うので、きょうはいいレースができたかなと思います」と言い、3カ月後の五輪本番に向け「体調を整えながら練習に取り組みたいです。きょうのレースでしっかりイメージづくりしながら強化していきたい」と話した。

この記事のフォト

続きを表示

おすすめテーマ

2021年05月05日のニュース

スポーツのランキング

特集

【楽天】オススメアイテム