村尾が男子90キロ級優勝、パリ五輪目指すホープ 柔道GSカザン大会

2021年05月09日 05:30

柔道

村尾が男子90キロ級優勝、パリ五輪目指すホープ 柔道GSカザン大会
柔道GSカザン大会男子90キロ級決勝 ドイツ選手(下)を破り優勝した村尾(国際柔道連盟提供) Photo By 共同
 柔道のグランドスラム(GS)カザン大会最終日はロシア・カザンで男女計5階級が7日に行われ、6月の世界選手権(ブダペスト)代表で男子90キロ級の村尾三四郎(東海大)が優勝した。
 初戦から5試合を勝ち抜いて進んだ決勝で、エドゥアルド・トリッペル(ドイツ)に一本勝ちした。20歳の村尾は24年パリ五輪出場を目指すホープ。昨年2月以来の国際大会で、初のGS制覇を果たした。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年05月09日のニュース

スポーツのランキング

特集

【楽天】オススメアイテム