上野由岐子 2回無安打零封、制球に課題残るも修正力はさすが!

2021年05月09日 05:30

ソフトボール

上野由岐子 2回無安打零封、制球に課題残るも修正力はさすが!
<ビックカメラ高崎・戸田中央総合病院>連投となった上野が最後を締め、ビックカメラ高崎が快勝(日本ソフトボール協会提供)@高崎市ソフトボール場 Photo By 提供写真
 【第54回日本女子ソフトボールリーグ1部第5節・高崎大会第2日   ビッグカメラ高崎8-3戸田中央総合病院 ( 2021年5月8日    群馬県高崎市・高崎市ソフトボール場 )】 ソフトボール東京五輪日本代表でビックカメラ高崎の上野由岐子投手(38)は8日、高崎市での戸田中央総合病院戦で2回を無安打無失点と好リリーフした。1カ月ぶりの登板となった7日の伊予銀行戦から連投となったが、2奪三振1四球と及第点の内容。チームは8―3で逆転勝ちした。
 
 右脇腹肉離れから復帰した翌日、6回からマウンドに上がった鉄腕は涼しい顔で右腕を振った。「昨日はどちらかというと物足りなかったので、続きの感じで投げた。状態としては良かった」。3失点で負け投手となった前日の反省を生かし、緩急を使った投球で2回を無安打無失点。上野は「(復帰登板は)チェンジが決まらなくて苦しいカウントになった。修正できた」と振り返った。

 もちろん完全復活ではない。前日と同じ最速115キロだった直球は「入れたいコースに投げられなかった」と制球面に課題を残した。変化球もスピンをかけるタイミングなどイメージとのズレを感じた。「手応えを感じつつも納得していない」と五輪までに本来の投球を取り戻す。

この記事のフォト

続きを表示

おすすめテーマ

2021年05月09日のニュース

スポーツのランキング

特集

【楽天】オススメアイテム