B1新潟 小菅学氏の社長退任とGM解任を決定

2021年05月09日 12:24

バスケット

 B1新潟アルビレックスBBは9日、福田将吾監督(37)へのパワーハラスメントで無期限謹慎処分となっていた小菅学氏(47)の社長退任とGM解任を決定したと発表した。社長は当面の間、日野明人会長(59)が兼務する。小菅氏はトップチーム編成及び下部組織育成を担う強化本部長に就任する。謹慎処分は11日付けで解除する。
 小菅氏は1月30日、面談した福田監督に対し侮辱的、人格否定的、恫喝(どうかつ)的な発言を行い、31日には反省文を強要。先月2日にBリーグからけん責と制裁金50万円の処分を科されていた。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年05月09日のニュース

スポーツのランキング

特集

【楽天】オススメアイテム