23歳の片岡尚之がツアー初優勝 選手会主催の新規大会で初代王者に輝く

2021年05月09日 16:38

ゴルフ

23歳の片岡尚之がツアー初優勝 選手会主催の新規大会で初代王者に輝く
時松隆光選手会長(左)、池田勇太(右)と優勝トロフィーを手にガッツポーズする片岡尚之(撮影・沢田 明徳) Photo By スポニチ
 【男子ゴルフツアー プレーヤーズチャンピオンシップ・サトウ食品 最終日 ( 2021年5月9日    栃木県 西那須野CC=7036ヤード、パー72 )】 初めての選手会主催の大会の最終ラウンドが行われ、4打差9位から出た片岡尚之(23=フリー)が6バーディー、1ボギーの68で回り、通算15アンダーでツアー初優勝を手にした。東北福祉大出身の23歳は19年11月にプロ転向。レギュラーツアー4戦目でつかんだ初勝利だった。
 1打差の2位には時松隆光(27=筑紫ヶ丘GC)、宮本勝昌(48=ハートンホテル)ら5人。3打差4位から出た石川遼(29=CASIO)は一時は通算15アンダーの首位タイで最終18番を迎えたが、ティーショットをフェアウエー左サイドの池に入れてダブルボギー。71と伸ばしきれず、通算13アンダーの7位で終えた。

この記事のフォト

続きを表示

おすすめテーマ

2021年05月09日のニュース

スポーツのランキング

特集

【楽天】オススメアイテム