広中璃梨佳 5000メートル予選1組9位で決勝進出!田中希実、萩谷楓は予選落ち

2021年07月30日 19:15

陸上

広中璃梨佳 5000メートル予選1組9位で決勝進出!田中希実、萩谷楓は予選落ち
女子5000メートル予選1組のレース途中まで先頭集団を引っ張った広中璃梨佳(ロイター)
 【東京五輪第8日 陸上女子5000メートル予選 ( 2021年7月30日    国立競技場 )】 広中璃梨佳(りりか、20=日本郵政グループ)が女子5000メートル予選1組に出場し、14分55秒87の自己ベストを更新し9位。タイムで全体15位以内に入り、8月2日の決勝進出を決めた。同組の萩谷楓(20=エディオン)は15分4秒95の自己新をマークも12位、2組の田中希実(21=豊田自動織機TC)も14分59秒93と自己ベストも6位で予選落ちした。
 ◆広中 璃梨佳(ひろなか・りりか)2000年(平12)11月24日生まれ、長崎県出身の20歳。都道府県対抗女子駅伝で中学3年時から5年連続区間賞。19年に日本郵政グループに進み全日本実業団対抗女子駅伝でも2年続けて区間賞。今年5月に1万メートルで東京五輪代表入り。5000メートルは昨年、日本歴代3人目の14分台をマーク。長崎商出。1メートル63。

 ◆萩谷 楓(はぎたに・かえで)2000年(平12)10月10日生まれ、長野県出身の20歳。長野東高―エディオン。女子5000メートルで20年7月に15分5秒78をマークし、12月の日本選手権3位。21年日本選手権クロスカントリー優勝。1メートル60。

 ◆田中 希実(たなか・のぞみ)1999年(平11)9月4日生まれ、兵庫県小野市出身の21歳。市場小―小野南中を経て西脇工へ進み、3年連続で全国高校駅伝の1区を走る。同志社大では陸上部に入らず、当初はND28アスリートクラブで活動し、チーム解散後に豊田自動織機トラッククラブに所属。19年ドーハ世界選手権5000メートル14位。20年は1500メートルと五輪非種目の3000メートルで日本新記録を樹立した。愛称は「のん」。趣味は読書。1メートル53、41キロ。

この記事のフォト

続きを表示

おすすめテーマ

2021年07月30日のニュース

スポーツのランキング

特集

【楽天】オススメアイテム