ママさんハードラー寺田明日香 100M障害で21年ぶり準決進出!「目標の決勝進出へ準決で自己新を」

2021年07月31日 11:21

陸上

ママさんハードラー寺田明日香 100M障害で21年ぶり準決進出!「目標の決勝進出へ準決で自己新を」
<東京五輪・陸上>女子100メートル障害予選、準決勝に駒を進めた寺田明日香(右から2人目)=撮影・小海途 良幹 Photo By スポニチ
 【東京五輪第9日 ( 2021年7月31日    国立競技場 )】 女子100メートル障害の日本記録保持者で五輪初出場の寺田明日香(31=ジャパンクリエイト)が31日の予選に出場。12秒95の5組5位もタイムで明日8月1日の準決勝に進出した。日本勢では00年シドニー五輪の金沢イボンヌ以来となる。
 木村文子(33=エディオン)は13秒25で1組7着、青木益未(27=七十七銀行)は13秒59の3組7着で予選敗退した。

 ▼寺田明日香「結構冷静に走れたが、浮いてしまった部分もあったので、準決勝はそこを修正できれば。世界のトップレベルとは、あのぐらい離されるのかと実感できたので、準決勝はもう少し距離を縮められるようにしたい。目標の決勝進出へ、準決勝は自己ベストを出せるように頑張りたい」

この記事のフォト

続きを表示

おすすめテーマ

2021年07月31日のニュース

特集

スポーツのランキング

【楽天】オススメアイテム