木村文子が予選落ち、第一線を退くことを明言「世界を目指すのはここで区切り」

2021年07月31日 11:58

陸上

木村文子が予選落ち、第一線を退くことを明言「世界を目指すのはここで区切り」
女子100メートル障害予選 ゴール後に厳しい表情を見せる木村文子 Photo By 共同
 【東京五輪 陸上 ( 2021年7月31日    国立競技場 )】 女子100メートル障害予選1組に出た木村文子(33=エディオン)は13秒25(追い風1メートル)の7着で予選落ちした。
 12年ロンドン五輪に出場したあと、大けがもあった。それらを乗り越えて日本女子ハードル界を引っ張ってきた実力者は「世界を目指すのはここで区切りを付けたい。競技人生は今後考えたい」と第一線を退くことを明言した。 
続きを表示

おすすめテーマ

2021年07月31日のニュース

特集

スポーツのランキング

【楽天】オススメアイテム