バド女子単期待の2人は8強止まり…奥原「結果良くないけど強くなれた」山口悔し涙「結果は結果」

2021年07月31日 05:30

バドミントン

バド女子単期待の2人は8強止まり…奥原「結果良くないけど強くなれた」山口悔し涙「結果は結果」
<女子シングルス決勝トーナメント準々決勝>試合に敗れ引き揚げる奥原(撮影・会津 智海) Photo By スポニチ
 【東京五輪第8日 バドミントン ( 2021年7月30日    武蔵野の森総合スポーツプラザ )】 最後のとりでだった女子シングルス勢も早々と散り、日本勢の戦いが終わった。準々決勝に挑んだ前回リオ五輪銅メダルの奥原は何氷嬌(中国)に1―2で逆転負け。山口も強敵プサルラ(インド)に0―2のストレートで敗れ、2大会連続8強で姿を消した。
 プロ転向して2大会連続メダルに臨んだ奥原は「悔しいんですけど、自分がこの5年間やってきたことの答え合わせが終わった。リオより結果は良くないけど、リオよりはるかに強い奥原希望としてこのコートに立てた」と目を赤くした。

 山口も「リオで期待に応えられない悔しさを味わった。結果は結果。前回と一緒の受け止め方」と悔し涙を流した。

この記事のフォト

続きを表示

おすすめテーマ

2021年07月31日のニュース

スポーツのランキング

特集

【楽天】オススメアイテム