リオ五輪金「タカマツ」ペアの高橋礼華さんが妊娠報告「自分の母親のようなお母さんになりたい」

2021年09月23日 11:52

バドミントン

リオ五輪金「タカマツ」ペアの高橋礼華さんが妊娠報告「自分の母親のようなお母さんになりたい」
16年リオデジャネイロ五輪で金メダルを獲得した高橋礼華さん Photo By スポニチ
 バドミントン女子ダブルスで16年リオデジャネイロ五輪金メダルの高橋礼華さん(31)が23日、自身のツイッターで第1子を妊娠していることを報告した。
 高橋さんは「私事ではありますがこの度新たな命を授かりましたことを報告させていただきます。今は安定期に入り体調も落ち着いてきました!!」と明かした。

 「初めてのことだらけで不安もありますが自分の母親のようなお母さんになりたいなと強く思いました!お仕事のほうも体調を見ながら続けていくつもりです」と記した。「産まれるまではまだまだ気が抜けない不安な毎日ではありますが残りのマタニティライフを楽しみたいと思います」とし、「今後とも温かく見守っていただけると幸いです」と締めくくった。

 現役時代に松友美佐紀(29=日本ユニシス)との「タカマツ」ペアとして数多くのタイトルを獲得し、20年8月に引退した高橋さんは、同年12月に現役時代のチームメートだった金子祐樹(27=日本ユニシス)と結婚したことを明かしていた。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年09月23日のニュース

スポーツのランキング

特集

【楽天】オススメアイテム