【箱根駅伝】青学大と駒大の差は往路で3分28秒 3分差以上の逆転劇は87年大会が最後

2022年01月03日 08:07

駅伝

【箱根駅伝】青学大と駒大の差は往路で3分28秒 3分差以上の逆転劇は87年大会が最後
青学大・原監督 Photo By スポニチ
 【第98回東京箱根間往復大学駅伝 復路 ( 2022年1月3日    神奈川・箱根町~東京・大手町 5区間109・6キロ )】 山下りの6区から、総合優勝を目指した闘いが始まった。
 往路を制した青学大は、2位の帝京大に2分37秒差、3位・駒大に3分28秒差をつけた。復路も圧倒的な戦力で青学大の優位は動かない。

 昨年は駒大が往路1位の創価大との2分21秒差を逆転。戦力的に青学大を追えるのは駒大だが、往路終了時3分差以上の逆転劇は、87年大会の順大が3分55秒差を逆転したのが最後となっている。

おすすめテーマ

2022年01月03日のニュース

特集

スポーツのランキング

【楽天】オススメアイテム