【箱根駅伝】現役時代に途中棄権を経験 駿河台大・徳本監督は完走をかみ締める

2022年01月03日 15:30

駅伝

【箱根駅伝】現役時代に途中棄権を経験 駿河台大・徳本監督は完走をかみ締める
<第98回箱根駅伝・復路鶴見中継所>10区・阪本(右)に笑顔でたすきをつなぐ駿河台大9区・田尻(撮影・木村 揚輔) Photo By スポニチ
 【第98回東京箱根間往復大学駅伝 復路 ( 2022年1月3日    神奈川・箱根町~東京・大手町 5区間109・6キロ )】 初出場の駿河台大は総合19位でフィニッシュ。往路の最下位(20位)から順位を1つ上げて、箱根路に新たな歴史を刻んだ。
 徳本一善監督の采配がズバリはまったのが、6区で区間3位と好走した小泉謙(3年)の起用。現役時代は法大エースとして活躍した“異端児”指揮官は「結果についてはどうこうもない。20番だと思っていたので」と淡々と振り返った。

 往路の出遅れが響き、復路は一斉スタート。それでも10人の教え子たちがつないだタスキは、確かに東京・大手町のゴールに帰ってきた。法大4年だった02年、右足の肉離れで無念の途中棄権となり、タスキが途切れさせた苦い経験を持つ青年指揮官は「タスキをつなぐ選手の目標にできるだけ近づきたいと思っていたので、区間配置も含めてオーダーを僕の中で組んだつもり。それがうまく行ったのは良かった」と初出場での初完走をじっくりとかみ締めた。

この記事のフォト

おすすめテーマ

2022年01月03日のニュース

特集

スポーツのランキング

【楽天】オススメアイテム