【箱根駅伝】専大は最下位20位 10区・中山「悔しい気持ちでいっぱい」

2022年01月03日 17:53

駅伝

【箱根駅伝】専大は最下位20位 10区・中山「悔しい気持ちでいっぱい」
<第98回箱根駅伝・復路戸塚中継所>9区・服部(左)にたすきをつなぐ専大8区・岩間(撮影・会津 智海) Photo By スポニチ
 【第98回東京箱根間往復大学駅伝 復路 ( 2022年1月3日    神奈川・箱根町~東京・大手町 5区間109・6キロ )】 専大は往路19位から初出場の駿河台大に抜かれ、最下位の20位となった。
 7区の国増治貴(3年)が区間9位となった以外は、区間2桁順位。10区で区間最下位だった中山敦貴(2年)は、「やらないといけないと思っていたが、悔しい気持ちでいっぱい」と振り返った。自信はあったものの、それぞれが実力を発揮できず。「調整方法やメンタルのマネジメントを考えていかないといけない」と話していた。

この記事のフォト

おすすめテーマ

2022年01月03日のニュース

特集

スポーツのランキング

【楽天】オススメアイテム