【箱根駅伝】東洋大 往路9位から意地の4位、スーパールーキー石田は調子上がらず出番なし

2022年01月04日 05:30

駅伝

【箱根駅伝】東洋大 往路9位から意地の4位、スーパールーキー石田は調子上がらず出番なし
総合4位でゴールする東洋大10区・清野(撮影・光山 貴大) Photo By スポニチ
 【第98回東京箱根間往復大学駅伝 復路 ( 2022年1月3日    神奈川・箱根町~東京・大手町 5区間109・6キロ )】 往路9位の東洋大が復路2位で、総合4位まで追い上げる意地を見せた。出雲駅伝5区、全日本大学駅伝4区で連続区間賞を獲得したスーパールーキー石田洸介の出番はなかったが、9区の前田義弘(3年)で7位に浮上。10区の清野太雅(3年)が区間2位の快走で3位の駒大に2秒差に迫るフィニッシュで、継続中では最長の17年連続のシード権を獲得した。
 石田の起用を見送る決断について酒井俊幸監督は「直前に調子が上がらず、彼本来のパフォーマンスを出せる状態でなかった」と説明。その上で「往路成績を考えれば準優勝までは届いた。青学さんが大会記録を更新する圧倒的な強さだったので背中を見ていけるようにチームをつくりたい」と出直しを誓った。

おすすめテーマ

2022年01月04日のニュース

特集

スポーツのランキング

【楽天】オススメアイテム