栃丸が今場所初の連敗で6勝5敗「土俵際もう一歩…」20秒超の熱戦で館内沸かせた

2022年05月18日 16:32

相撲

栃丸が今場所初の連敗で6勝5敗「土俵際もう一歩…」20秒超の熱戦で館内沸かせた
<大相撲夏場所11日目>大翔鵬(左)の押しに栃丸の右足が先に出る(撮影・篠原岳夫) Photo By スポニチ
 【大相撲夏場所11日目 ( 2022年5月18日    東京・両国国技館 )】 新十両の栃丸(29=春日野部屋)が大翔鵬(27=追手風部屋)に敗れ、今場所初の連敗で6勝5敗となった。
 回転の良い突っ張りで何度も土俵際まで攻め込んで館内を沸かせたが、突ききれずに引いたところを押し出された。大翔鵬の体が落ちるのも早かったが、回り込んだところで栃丸の右足が出るのがわずかに早かった。「ずっと攻めている意識だったけど最後攻めきれなかった。土俵際もう一歩のところを詰めていけたらな」と惜敗を悔やんだ。

 勝ち越しをかけて臨む残り4日間。20秒近く突っ張り続けた激しい取組を終えて息が上がりながらも「明日からも良い相撲が取れればと思っています」と力を込めた。

おすすめテーマ

2022年05月18日のニュース

特集

スポーツのランキング

【楽天】オススメアイテム