ナダルが3回戦進出 4大大会では史上3人目の通算300勝を達成

2022年05月26日 08:58

テニス

ナダルが3回戦進出 4大大会では史上3人目の通算300勝を達成
グランドスラムで通算300勝を達成したナダル(AP) Photo By AP
 【テニス全仏オープン第4日 ( 2022年5月25日    パリ・ローランギャロス )】 男子シングルスの2回戦が行われ、この大会で過去13回の優勝を誇る第5シードのラファエル・ナダル(35=スペイン)が、ワイルドカード(主催者推薦)で出場している世界ランク139位のコランタン・ムーテ(23=フランス)を6―3、6―1、6―4のストレートで下して快勝。18年連続で3回戦進出を決めるとともに、4大大会で記念すべき300勝を達成した。
 ナダルは第1セットの第2ゲームに最初のブレークを奪うと、第2セットでは序盤から4ゲームを連取。第3セットの第1ゲームにこの日初めてブレークを許したが、その後は3度のブレークに成功して2時間21分で勝利を収めた。

 グランドスラムでは369勝のロジャー・フェデラー(40=スイス)と325勝のノバク・ジョコビッチ(35=セルビア)が300勝を達成。ナダルは史上3人目の大台到達だが、優勝回数では21回のナダルが20回のフェデラーとジョコビッチを上回っている。

おすすめテーマ

2022年05月26日のニュース

特集

スポーツのランキング

【楽天】オススメアイテム