16歳・米が2位浮上 首位に2打差 スタート前練習奏功「強い大学生に負けないようにプレーしたい」

2022年05月26日 05:30

ゴルフ

16歳・米が2位浮上 首位に2打差 スタート前練習奏功「強い大学生に負けないようにプレーしたい」
2位に浮上した米 Photo By スポニチ
 【第52回九州アマゴルフ第2日 ( 2022年5月25日    福岡県朝倉郡筑前町 夜須高原CC=6953ヤード、パー70 )】 鹿児島・樟南高2年の16歳、米誠ノ心(よね・まさのしん)が4バーディー、2ボギーの68で回り、前日6位から首位に2打差の通算2アンダー、2位に浮上した。トップは19、20年覇者の出利葉(いでりは)太一郎(21=日大3年)で6バーディー、1ボギーの65をマークし、通算4アンダー。10オーバーまでの60人が第3ラウンドに進んだ。
 日大の出利葉、東北福祉大の田崎ら大学勢に負けじと高2アマが躍進した。「ドローとフェードの打ち分けやアプローチなどこの大会で優勝するために調整してきた」と米。初日イーブンの6位からこの日は急浮上を遂げた。通常パー5をパー4で使用する前半インの難関11番で3オンしてボギーが先行したが12番バーディーでバウンスバックに成功。トータル4バーディー、2ボギーでトップの出利葉に2打差とした。

 「試合や練習のある日は必ず筋トレを兼ねたアップ練習をしてきた。その成果が出ました」と胸を張る。タイガー・ウッズ、松山英樹ら世界のトッププロを目標に高校入学と同時に体力強化に取り組んできた。12時24分スタートのこの日は10時にコース入り。11時20分まで動的ストレッチやメディシンボールスロー、腹筋などでたっぷり汗をかいた。「腰の切れとかずいぶん出てきた感じがする」。その後に着替えを済ませ、ショットとパット練習をこなして本番に臨んだ。

 大会初出場の昨年は2日目に69で回り2位につけたが3日目に83を叩き後退。最終19位で日本アマ出場の上位13人に入れなかった。「この1年で成長した姿を見せたい。強い大学生に負けないようにプレーしたい」と雪辱を狙う。(中島 泉)

おすすめテーマ

2022年05月26日のニュース

特集

スポーツのランキング

【楽天】オススメアイテム