【世界陸上】女子5000メートル予選・田中希実 今季自己最高で決勝進出「思ったよりしんどかった」

2022年07月21日 09:07

陸上

【世界陸上】女子5000メートル予選・田中希実 今季自己最高で決勝進出「思ったよりしんどかった」
世界陸上・女子5000メートル予選2組で、15分00秒21で9位に入り決勝進出を決めた田中希実(中央)(AP) Photo By AP
 【陸上・世界選手権第6日 ( 2022年7月20日    米オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド )】 女子5000メートル予選が行われ、田中希実(22=豊田自動織機)が2組で、15分00秒21で9位に入り、タイムで拾われる形で決勝進出を決めた。1組に出場した広中璃梨佳(21=JP日本郵政G)は15分02秒03で7位、萩谷楓(21=エディオン)は15分53秒39で14位で、ともに予選落ちした。
 田中は、先頭集団の5、6番手でレースを進め、ラスト2週で集団から遅れたが、粘って今季自己最高の15分00秒21で9位に入り、タイム順の全体4番目で決勝に駒を進めた。

 今大会は800メートル、1500メートルと合わせて個人3種目にエントリー。東京五輪8位の1500メートルでは、予選を突破したものの、16日(同17日)の準決勝では、2組で4分5秒79で6位となり、決勝進出はならず、この日は雪辱を胸に臨んでいた。

 レース後、田中は「思ったよりしんどくて、でもその中で気持ちを折らずに前の選手に食らいつくことはできたんですけど、ラストに余裕がないと1500の時みたいにラストまで戦えないというのが今日しっかり見えた部分で、決勝に余裕を持って臨めるかどうかが課題かなと思いました」と言い、決勝に向けては「800が間に挟まってくるので、800メートルで初めての世界陸上なので、予選から準決勝に進むという以上に、その舞台に立てるということをまずは楽しみたいなと思います」と話した。あす21日(日本時間22日)は800メートル予選で、5000メートル決勝は23日(同24日)に行われる。

 ◇田中 希実(たなか・のぞみ)1999年(平11)9月4日生まれ、兵庫県小野市出身の22歳。市場小―小野南中を経て西脇工へ進み、3年連続で全国高校駅伝の1区を走る。同志社大では陸上部に入らず、当初はND28アスリートクラブで活動し、チーム解散後に豊田自動織機で活動。女子1000メートル、1500メートル、3000メートルの日本記録保持者。U20世界選手権3000メートル競走金メダリスト。2020年東京オリンピック1500メートルで8位入賞。愛称は「のん」。趣味は読書。1メートル53、41キロ。

この記事のフォト

おすすめテーマ

2022年07月21日のニュース

特集

スポーツのランキング

【楽天】オススメアイテム