【世界陸上】川野が新設35キロ競歩で銀 東京五輪50キロ6位の雪辱

2022年07月25日 03:30

陸上

【世界陸上】川野が新設35キロ競歩で銀 東京五輪50キロ6位の雪辱
新設された競歩35キロで銀メダルを獲得した川野(AP) Photo By AP
 【陸上・世界選手権最終日 ( 2022年7月24日    米オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド )】 男子35キロ競歩が行われ、50キロ競歩日本記録保持者で初出場の川野将虎(23=旭化成)が2位となった。東京五輪50キロ競歩では、レース中に体調を崩しながら6位入賞。再び粘り強さを発揮し、今大会から新設された種目で力強く歩き切った。
 最後の最後まで川野が粘り強く歩いた。苦しい表情を浮かべながらも、残り2キロ付近からはイタリアのスタノと一騎打ちとなった。今大会では20キロ競歩の山西利和(愛知製鋼)、池田向希(旭化成)がメダルを獲得。先頭でゴールすることはできなかったが、2人に続こうと必死に歩を進めた。

 東京五輪を最後に50キロ競歩が廃止され、35キロ競歩が新設された。これが主要国際大会のレースは初開催。「世界の選手を見ていると、スピードのある選手が35キロで活躍していると感じがする。スピードが勝負の分かれ目になると思っています」。50キロの日本記録保持者で、20キロでも日本歴代3位の記録を持つ川野にとって、適性が見込まれる35キロ。今まで以上に速さに特化したトレーニングにも着手して本番を迎えた。

 今年1月には極度の貧血となり、一度は世界選手権への出場を諦めかけた。川野が東洋大時代から今も指導を仰ぐ酒井瑞穂コーチは「医師からは完治まで半年以上かかると言われた」という。今まで以上に自己管理を徹底するとともに、東京五輪後には酒井コーチから自炊を促された。当初は目玉焼きすら満足に作れなかったが、今では栄養バランスを考えて複数のおかずを食卓に並べ、毎食ごとに写真を撮って酒井コーチに送信。内面から見直し、再び世界の舞台に立った。

 大学時代からの同期である池田と切磋琢磨(せっさたくま)してきた23歳。まだまだ伸びしろを残しており、パリ五輪ではさらなる活躍に期待が懸かる。

 ◇川野 将虎(かわの・まさとら)1998年(平10)10月23日生まれ、宮崎県出身、静岡県育ちの23歳。御殿場南高で競歩を始め、東洋大に進学。19年10月の全日本競歩高畠大会で50キロの日本記録(3時間36分45秒)を樹立。東京五輪は50キロで6位入賞。今年4月に日本選手権で35キロ優勝。1メートル77、60キロ。

おすすめテーマ

2022年07月25日のニュース

特集

スポーツのランキング

【楽天】オススメアイテム