バレー男子 日本はセルビアを破り開幕2連勝 西田がチーム最多24得点「勝つことが経験になる」

2023年06月09日 22:09

バレーボール

バレー男子 日本はセルビアを破り開幕2連勝 西田がチーム最多24得点「勝つことが経験になる」
<日本・セルビア>第2セット、スパイクを放つ西田 Photo By 共同
 バレーボールのネーションズリーグ男子名古屋大会第4日は9日、名古屋市の日本ガイシホールで1次リーグ3試合が行われ、日本はセルビアを3―1で下し、開幕2連勝を飾った。
 第1セットはアウトサイドヒッター石川祐希、西田有志らにサーブミスが相次ぎ22―25で落とした。

 しかし第2セットは石川、西田らが強打を決めて25―21で取り返した。

 第3セットは終盤まで1点を争う接戦となったが、最後は石川がバックアタックを決めて25―23で振り切り、第4セットはここまで出番がなかったミドルブロッカー高橋健太郎がクイックで得点を重ねて25―20でもぎ取った。

 秋のパリ五輪予選でも対戦するセルビアに勝利。チーム最多24得点を挙げた西田は「全員で良いバレーを繰り広げた。勝つことが自分たちの経験になる」と胸を張った。

 好レシーブを何度も決めてチームを救ったリベロ山本智大は「最高です。チーム一丸となってコミュニケーションを取り合って良い形で勝てた。周りの選手に感謝している」と笑顔で話した。

この記事のフォト

おすすめテーマ

2023年06月09日のニュース

特集

スポーツのランキング

【楽天】オススメアイテム
`; idoc.open(); idoc.write(innerHTML); idoc.close(); });